店長の板羽(いたば)貴代です!おかげ様で20周年。これからも真心を持ってベアちゃんをお届けします。ご不明な点は電話・メールなどでお気軽におたずね下さい♪

お客様のお声・お写真の多さが信頼の証です。大切な一生もののベアは信頼できる当店におまかせ下さい。

体重ベア・ウェイトドール専門店 テディベアタイム

  • トップへ
  • ご注文方法
  • お客様の声
  • カート
  • お問い合せ
  1. 体重ベア・ウェイトドール専門店 テディベア タイム >
  2. 投稿者のアーカイブ

ウェイトドールに種類はある?おすすめのウェイトドールを紹介!

ウェイトドールに種類はある?おすすめのウェイトドールを紹介!

両親への贈呈品や出産祝いとして贈られることが多いウェイトドール。

最近では定番商品として人気が出ていますが、「あまり種類がないのでは?」と思っている人もいるかもしれません。

しかし実際には、ウェイトドールの種類はどんどん増えています。

同じベアでも表情・色・雰囲気などの特徴が異なっていたり、ベア以外のキャラクターがあったりと選択肢が豊富です。

贈る人や用途に合わせて、お気に入りのウェイトドールを選んでみましょう。

今回はウェイトドールの種類やおすすめを紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

ウェイトドールとは?

ウェイトドールとは?

ウェイトドールとは、出生体重に調整して作られたぬいぐるみのことです。

足裏には名前・体重・メッセージも入り、オリジナルギフトとして人気があります。

当初はベアのぬいぐるみだけであったため、体重ベアと名付けられていました。

ベア(bear)には、「クマ」の他にも「産む」「結ぶ」「抱く」といった意味があります。

ただ可愛いだけではなく、ベアに含まれた意味も考慮して体重ベアが一般的なウェイトドールとなっていました。

しかし最近では、ベアの種類も豊富になり、その他の可愛いキャラクターなども増えてきています。

そのため総称して、ウェイトドールと呼ばれるようになりました。

どんな時に誰に贈るもの?

どんな時に誰に贈るもの?

ウェイトドールは、結婚式で新郎新婦が両親へ贈呈しているシーンが印象にある人が多いのではないでしょうか。

結婚式で両親への記念品としてウェイトドールは定番になってきていますが、他にもさまざまな場面でウェイトドールは贈られているのです。

ここからは、どんな時に誰に贈るものなのかを紹介していきます。

結婚式で両親へ

結婚式のクライマックスでは、新郎新婦から両親への記念品贈呈があります。

これまでは花束贈呈が定番でしたが、最近ではウェイトドールが人気です。

生まれた時の体重で作られたぬいぐるみを腕に抱くことで、両親は出産時の感動を思い出すでしょう。

そして赤ちゃんだった我が子が大きく成長して結婚することに、改めて喜びや少しだけ寂しさを感じます。

そんなストーリーが込められているウェイトドールは、ずっと両親の手元に置いておくことができるものです。

花束のように枯れてしまうことがないのも人気の理由でしょう。

成人式に両親へ

最近増えているのが成人式で両親への感謝を伝えるために贈ることです。

立派な成人を迎えることができるのは、他でもない両親のおかげでしょう。

  • 「生んでくれてありがとう」
  • 「育ててくれてありがとう」
  • 「これからもよろしくお願いします」

そんな気持ちを込めて、人生の節目である成人式に両親へウェイトドールを贈ります。

思いがけないサプライズプレゼントに、両親も喜んでくれるでしょう。

出産記念に両親・祖父母へ

出産した記念として、両親や祖父母へウェイトドールを贈ることもあります。

とくに遠く離れた両親や祖父母の場合、孫やひ孫に会う機会も少なくなるでしょう。

そこで「孫」「ひ孫」の誕生を身近に感じてもらうために、出生体重でウェイトドールを作ります。

人生の門出・節目にお子様へ

お子様の入園・入学・進学・就職など、人生の門出や節目をお祝いして贈ります。

両親から、「立派に成長してくれてありがとう」という気持ちが込められたギフトです。

ウェイトドールの足裏に記念日を入れられるものもあるので、人生の大切な日を刻むのも良いでしょう。

出産記念にお子様へ

出産をした時に、記念としてお子様に贈ることもあります。

まだ幼いうちは、ただの可愛いぬいぐるみとして可愛がってくれるでしょう。

そして成長してから「あなたが生まれた時の体重で作ったぬいぐるみだよ」と教えてあげることで、子どもながらに大きな愛情を感じるものです。

両親にとっても出産記念になるものなので、家族の宝物として置いておけます。

出産祝いに大切な人へ

大切な人の出産祝いにウェイトドールを贈る人も多いです。

名前と出生体重を聞いて足裏刺繍を入れれば、オリジナルのウェイトドールが完成します。

命名風の刺繍もできるものがあるので、出産記念として残しておいてもらえるでしょう。

ウェイトドールに種類はある?

ウェイトドールに種類はある?

ウェイトドールというと…「ベア」というイメージが強いですよね。

ウェイトドールの人気はベアですが、ベアにもさまざまな種類が増えています。

さらにベア以外のキャラクターも増えており、個性のあるウェイトドールを作ることができるようになりました。

  • キャラクター
  • 表情
  • 素材
  • 料金
  • オプション
  • 刺繍の種類
  • 納期

さまざまな項目を自分用にカスタマイズして選ぶことができます。

ウェイトドールの種類はとても増えているので、オリジナルのウェイトドールを作成してみましょう。

シーン別!おすすめのウェイトドール

ウェイトドールを選ぶポイントは?

ウェイトドールは、「どんな時に誰に贈るか」に合わせて選ぶようにしましょう。

ここからはシーン別におすすめのウェイトドールを紹介します。

結婚式で両親へ

結婚式で両親へ贈呈する時は、「結婚式」に相応しい華やかさがあるウェイトドールがおすすめです。

結婚式用として、蝶ネクタイやティアラがついたウェイトドールを選べば受付に飾っておくこともできます。

Cocotte Bridal(ココットブライダル)

Cocotte Bridal(ココットブライダル)

ココットブライダルは、結婚式にピッタリのお洒落なウェイトドールです。

  1. ゲストをお迎えするウェルカムベア
  2. お色直し中座中のお留守番ベア
  3. 両親贈呈用の体重ベア

このように3役で活躍することができる可愛いウェイトドールです。

新郎ベアは、晴れ舞台にぴったりの蝶ネクタイ姿。

新婦ベアは、「幸せが末永く続く象徴」でもある4連ネックレスをつけた花嫁姿。

そこにあるだけでも可愛らしくて癒されるウェイトドールは、結婚式でも大活躍です。

Cocotte Bridal(ココットブライダル)

色はブラウンとホワイトの2色で、リボンカラーは8種類から選ぶことができます。

両親に贈った後は、結婚式用から通常のリボンに付け替えて飾っておくことも可能です。

Cocotte Bridal(ココットブライダル)Cocotte Bridal(ココットブライダル)

オプションで足裏にはバースデーデータとメッセージが入ります。

特別な記念品として、ずっと両親のそばに置いておけるウェイトドールです。

テディベアタイムで「Cocotte Bridal(ココットブライダル)」を見る

キャメリーマリアージュ

キャメリーマリアージュ

男の子ベアと女の子ベアから選べるキャメリーマリアージュは、上質でありながら低価格で購入できることで人気です。

高級素材アクリル100%なので、触っても抱いても心地良さを感じられます。

頬ずりしたくなるような可愛さと気持ち良さで、両親へのギフトに最適です。

キャメリーマリアージュ

足裏刺繍はA・B・Cと3パターンの中からオプションで選択できます。

メッセージは文字数制限内であれば、自由に考えることが可能です。

ぜひオリジナルのメッセージで両親に感謝の気持ちを伝えてください。

テディベアタイムで「キャメルマリアージュ」を見る

Carina(カリーナ)

Carina(カリーナ)

Carinaはテディベアタイムオリジナルの商品であるため、高品質で低価格を実現させることができたウェイトドールです。

すべての工程を国内でおこなっている正真正銘の国産ベアで安心安全!

国産のボア生地は、とても柔らかくてフワフワとした抱き心地です。

さらにベアの色や表情にもこだわりがあります。

色はホワイト・モカの優しい色合いを用意しており、角度によって表情が変わるので、今にも動き出しそうなほどです。

オプションで足裏刺繍をすることができます。

定型文ですが両親への感謝や愛情が伝わるものが多いので、結婚式の贈呈品にもピッタリです。

キャメルマリアージュ

オプションで新郎ベアと新婦ベアに変身させることができるので、ウェルカムベアとして受付に飾ることもできます。

新郎ベアには550円で蝶ネクタイがつき、新婦ベアには1430円でベールとネックレスがセット。

結婚式としての記念品にするのであれば、新郎新婦に変身させるのもおすすめです。

テディベアタイムで「Carina(カリーナ)」を見る

成人式で両親へ

成人になった我が子を見るのは、両親にとって誇らしい気持ちです。

しかし同時に「育児の卒業」を意味するものでもあり、寂しさを感じてしまうでしょう。

そんな両親には、感謝の気持ちと共に自分の分身になれるようなものを選ぶと良いです。

ベビーウェイトベア

ベビーウェイトベア

赤ちゃんのような姿のベビーウェイトベアは、手にした瞬間に生まれた時のことを思い出させてくれます。

ふんわりと優しく上品な雰囲気で、家にあると両親の寂しさも和らぐことでしょう。

色はクリームイエローとベビーピンクの2種類で、どちらも温かみを感じることができます。

ベビーウェイトベア

ベビーウェイトベアは、ロンパースと母子手帳ケースがついてきます。

どちらもオーガニックコットンの安心の優しさです。

赤ちゃんのようなベビーウェイトベアのもとに、生まれた時の記録を一緒に置いておくことで、両親は育児をしてきたことを改めて誇らしく思うことができるでしょう。

ベビーウェイトベア

足裏には名前と出生体重が入るので、記念と記録として残しておくと良いです。

テディベアタイムで「ベビーウェイトベア」を見る

出産記念で両親・祖父母へ

自分が出産した記念として、両親や祖父母にウェイトドールを贈ります。

孫やひ孫の誕生を喜んでくれたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。

両親や祖父母に贈る時には、出生体重より少し軽くしたウェイトドールがおすすめです。

サンクステディベア エンジェル

サンクステディベアエンジェル

サンクステディベアエンジェルは、150~750gの範囲で好きな重さで作ることができるウェイトドールです。

両親や祖父母に贈るには、2~3㎏のドールは重く感じられてしまうこともあります。

そこで出生体重の5分の1もしくは10分の1に調整してウェイトドールを作成するのです。

たとえば3,000gで生まれたのであれば、300gでウェイトドールを作ります。

サンクステディベアエンジェル

サンクステディベアエンジェルは、デニム生地で作られています。

はっきりした顔のベアで、インテリアとして部屋に置いておいても違和感がありません。

足裏にはフリーメッセージも入るので、両親や祖父母へのオリジナルメッセージを入れて贈ると良いでしょう。

テディベアタイムで「サンクステディベアエンジェル」を見る

人生の門出・節目にお子様へ

お子様の入園・入学・進学・就職の時には、両親から人生の門出や節目としてウェイトドールを贈ります。

通園・通学していた時の制服やユニホームをミニチュアサイズに作り替えることで、ずっと大切な思い出を手元に置いておくことができるでしょう。

Anniversary Bear(アニバーサリーベア)

Anniversary Bear

メディアでも多数紹介されて人気が出ているのが、Anniversary Bearです。

思い出の制服やユニホームをミニチュアサイズにしてベアに着せられます。

卒園や卒業の記念にプレゼントすれば、お子様の大切な思い出を手元に残しておくことができるでしょう。

足裏には、学校名や記念日などを入れることができます。

Anniversary Bear

とにかく細部まで丁寧に作られています。

ボタンなどもそのまま使用するので、よりリアルな制服が完成。

また部活のユニホームや就職先の制服などでも作成ができるので、色々な人生の門出に利用することができます。

Anniversary Bear

お子様が結婚した時は、結婚式の写真からデザイン・素材・カラーを再現して作成することも可能です。

テディベアタイムで「Anniversary Bear」を見る

出産記念で生まれたお子様へ

出産記念のプレゼントとして生まれたお子様へ贈る場合は、安心安全を重視したウェイトドールがおすすめです。

記念として残せて、赤ちゃんの頃からの相棒となるようなドールを選びましょう。

TW(トール&ウェイト)

TW(トール&ウェイト)

安心安全の国産ベアであるTWは、出生の身長も体重も再現できるベアです。

丸くてキュートな顔は、お子様に贈っても喜ばれるでしょう。

TW(トール&ウェイト)

体重は電子天秤で1g単位まで正確に量り、身長も乳児用身長計で作成します。

大きく生まれても小さく生まれても…赤ちゃんに合わせて正確に再現することができるのです。

お子様は、「自分が産まれた時のベア」を見ながら成長することができます。

ぬいぐるみカラーは、アンバー(茶)・リッチベージュ・きなり(白)から選択可能です。

足裏刺繍もできるので、名前やバースデーデータを入れて贈りましょう。

テディベアタイムで「TW(トール&ウェイト)」を見る

出産祝いで大切な人へ

出産祝いを贈る時は、あまり高価すぎるものを贈っても気をつかわれてしまいます。

大切な人に喜んでもらえるものであり、1万円前後の価格のものを選びましょう。

友人に贈るのであれば、数人で一緒に贈るのもおすすめです。

Cocotte(ココット)

Cocotte

安心日本製のキュートなベアでありながら、1万円という低価格を実現させたウェイトドールです。

可愛さにこだわって作られているので、誰が見ても可愛くて喜ばれます。

Cocotte

日本製なので、大切な人の赤ちゃんが一緒に寝ても安心です。

優しい肌触りなので、抱きついても心地よいでしょう。

Cocotte

足裏には命名風の刺繍ができるので、お子様の名前を刺繍で大きく入れるのがおすすめです。

品質も価格も贈り物として最適なので、ぜひ出産祝いに選んでください。

テディベアタイムで「Cocotte」を見る

まとめ

おすすめのウェイトドール10選

ウェイトドールには、さまざまな種類のものがあります。

どんな用途で誰に贈るものなのか?というシーン別でウェイトドールを選ぶと良いでしょう。

デザイン・素材・色・表情・オプションと選択肢の幅が広いので、世界に一つのオリジナルウェイトドールを大切な人に贈ることができます。

  • 両親への感謝を込めて…
  • 我が子の成長の記念に…
  • 大切な人の出産記念として…

ずっと手元に置いておけるウェイトドールを贈ってみてくださいね。

結婚式での両親贈呈品の基本マナー!今人気の体重ベアとは?

結婚式での両親贈呈品の基本マナー!今人気の体重ベアとは?

結婚式で両親へ記念品を贈呈するシーンは、とても感動的ですよね。

演出の一つとして花束を贈る新郎新婦が多かったですが、最近は「両親への感謝が伝わるもの」が重要視されています。

その中でも生まれた時の体重に調整された体重ベアは大人気!

可愛らしさとインパクトがありながら、世界で一つという特別さも感じられるでしょう。

そこで今回は、結婚式での両親贈呈品について徹底解説していきます。

人気の体重ベアも紹介するので、ぜひ参考にして選んでみてくださいね。

結婚式での両親への記念品贈呈とは?

結婚式での両親への記念品贈呈とは?

結婚式は一般的に挙式と披露宴に分かれており、披露宴は約2時間30分という時間でおこなわれます。

【2時間30分】という時間を無駄にしないように、しっかりプログラムを用意して進めていくのが結婚式の基本です。

また招待した人に「楽しんでもらう」「退屈にさせない」「感動してもらう」「感謝を伝える」ということも大切でしょう。

そのために2時間30分の中に起承転結を作り出して、結婚式としてのメリハリをつけます。

両親への記念品贈呈は、この【結】にあたる重要なシーンです。

  1. 花嫁からの手紙
  2. 両親への記念品贈呈
  3. 謝辞
  4. 退場

結婚式のクライマックスとして欠かせない演出となっています。

両親に結婚式で記念品を贈呈する意味とは?

両親に結婚式で記念品を贈呈する意味とは?

結婚式の中で両親に記念品を用意することには意味があるのでしょうか。

「両親は身内だし…費用抑えるためになくしていい?」と考える人もいますが、記念品贈呈を結婚式から省いてしまうことはおすすめできないです。

結婚式のクライマックスとしてプログラムに入っていることには、きちんと意味があるので理解しておくようにしましょう。

これまでの感謝の気持ちを伝えるため

結婚することは人生の門出であり、両親のもとから巣立つ節目の時です。

「これまで育ててくれてありがとう」

普段は素直に言えない言葉だからこそ、結婚式で真っすぐに両親へ伝えます。

両親への記念品贈呈は、「記念品を渡す」わけではなく「感謝を伝える」シーンです。

記念品を両親へと贈る時に、「ありがとう」という言葉をつけて握手やハグをします。

  • 小さかった我が子…
  • 泣いてばかりいた我が子…
  • わがままで甘えん坊な我が子…

両親は昔のことを思い出しながら、目の前にいる立派に成長した我が子を誇りに思うでしょう。

両親に記念品を贈呈する一番の意味は、両親に感謝を伝えることです。

結婚式での感動シーンを作るため

先ほども紹介したように、結婚式は2時間30分の中で起承転結のストーリーを作ることが大切です。

両親への記念品贈呈のシーンは、周囲の人から見ても感動できるシーンとなります。

親の立場で共感する人もいれば、子どもの立場で感動する人もいるでしょう。

映画でいえばクライマックスの欠かせないシーンとなるので、結婚式を成功させるためにも意味があるものなのです。

両親には引出物がないため

結婚式を挙げるのは新郎新婦ですが、結婚式は両家が招待するものと考えられています。

両親も結婚式の主催者側であることから、一般的に引出物を用意することは少ないです。

しかし新郎新婦からすれば、両親も結婚式に招待している参列者でしょう。

引出物ではないギフトとして、両親へ記念品を贈るという意味もあるのです。

両親贈呈品の基本マナーとは?

両親贈呈品の基本マナーとは?

両親贈呈品は感謝の気持ちを伝えるものです。

ただし「なんでもOK」というわけではないので、基本のマナーは抑えておくようにしましょう。

予算相場は?

結婚式での両親への記念品の予算相場は35,000円です。

新郎新婦でそれぞれ用意するので、15,000~17,000円程度のものを2つ用意するのが相場になっています。

あくまでも相場なので、結婚式全体の予算に合わせて選ぶようにしましょう。

熨斗はいる?

贈り物には熨斗をつけることが多いですが、結婚式での両親への贈呈はプログラムの中でおこなわれるものです。

他の参加者も見ているため、基本的には熨斗はつけません

もし結婚式ではなく両親へ贈り物をする場合は、紅白結び切の熨斗をつけるようにしましょう。

NGアイテムは?

結婚式では、縁起の悪いとされるものは避けるほうが良いです。

「絶対にNG」ということではないですが、マナーとして知っておくようにしましょう。

  • 【ナイフ・包丁】縁が切れることを連想する
  • 【日本茶】弔事に使われることが多い
  • 【ハンカチ】涙を連想する・手巾(てぎれ)と書く

特別に贈りたい理由があるのであれば問題ないですが、そうでなければ結婚式には相応しくないので気をつけてください。

結婚式で贈らなければいけない?

「絶対に結婚式で贈らなければいけない」というわけではありません。

結婚式前後に家族だけで集まって贈呈しても良いです。

ただ一般的には結婚式をする人の9割以上が両親への記念品贈呈をおこなっています。

「わざわざ結婚式の中で身内に贈り物をすることはない」という両親もいるかもしれませんが、結婚式の定番の演出として入れてみてください。

最近は両親贈呈品の定番は花束ではない?

最近は両親贈呈品の定番は花束ではない?

これまで両親への贈呈品といえば、花束が定番でした。

結婚式のプログラムにも【両親への花束贈呈】と記載されており、結婚式場の装花担当者が両親への花束を用意するのが一般的です。

しかし最近では、両親への記念品=花束という概念はなくなってきています。

花束以外が定番となっている理由

まず花束が定番だった理由を考えてみましょう。

  • 華やかな演出になる
  • 見栄えする
  • 準備しやすい
  • 予算に合わせられる
  • 贈呈といえば花束

このようなことから、当たり前のように花束を選んできた人も多いはずです。

記念品を残してほしい

花束は色鮮やかでボリュームもあるので、贈呈品として見栄えします。

結婚式の演出として考えれば、花束でも問題ないでしょう。

しかし本来の目的である「両親への感謝」という視点で考えると、花束は記念品として残しておくことができないです。

せっかく感謝の気持ちを込めて贈呈するのであれば、ずっと両親の手元に置いておけるものが良いために花束以外が定番になっています。

持ち帰りや管理が大変

両親が遠方から結婚式に参列する場合、花束を持ち帰るのは大変です。

贈呈用の花束はボリュームがあるため、電車や飛行機でも抱えて持たなくてはいけません。

自宅に到着する時には、もう花がボロボロになってしまった…ということもあるでしょう。

また持ち帰った花束を花瓶に仕分けて管理するのも簡単なことではないです。

そこで郵送できるような品物や管理・手間がかからないものが選ばれるようになりました。

特別感を出したい

最近は「オリジナルウエディング」が主流であり、他の人とは異なる個性を出した結婚式をしたいという新郎新婦が増えています。

ひと昔前までのように、決められたテンプレートの中で結婚式をするような新郎新婦は減っているのです。

両親への贈呈=花束というのは、ひと昔前のテンプレートに組み込まれた演出となります。

自分たちらしさを出したい新郎新婦は、花束を選ばずに特別感の出る記念品をカスタマイズするのです。

両親への記念品を選ぶポイントは?

両親への記念品を選ぶポイントは?

花束が定番でなくなっているとすると…最近の定番やおすすめはどのようなものなのでしょうか。

両親の記念品を選ぶポイントを紹介します。

定番の花束と一緒に記念品

花束は定番ではなくなってきていますが、花束には花束の良さがあります。

贈呈品としての見栄えが良く、人生の門出・節目として適切な贈り物であるためです。

そこで、それぞれの両親に花束+記念品としてセットで贈る人も増えています。

たとえば両家父には花束を渡し、両家母には記念品を渡すなどすると良いでしょう。

感謝の気持ちが伝わるもの

両親へ記念品を贈呈する意味は、両親へ感謝を伝えることです。

しっかりと感謝の気持ちが伝わるものを贈呈品として選ぶようにしましょう。

  • これまでの子育てを思い返せるもの
  • 大きく成長してくれたことを実感できるもの
  • 「ありがとう」が真っすぐ伝わるもの

上記のようなことをポイントにすると選びやすくなります。

記念としてカタチに残るもの

花束が定番でなくなったのは、いつしか枯れてしまうものだからです。

そこで記念品として、カタチに残るものを選ぶようにしましょう。

結婚してからも孫ができてからも…ずっと両親に手元に残るものを贈ると喜ばれます。

失敗しない!両親贈呈品におすすめの体重ベア5選

失敗しない!両親贈呈品におすすめの体重ベア5選

ここからは最近の定番であり、絶対に両親に喜ばれる体重ベアを紹介します。

両親への感謝を伝えられるもので、さらにカタチとして残るものです。

ぜひ参考にして体重ベアを選んでみてくださいね。

①愛され続けてロングセラー!Cocotte(ココット)

Cocotte

有名式場でも取り扱いしているロングセラーの体重ベアです。

フランス語で「可愛い子」という意味を持つCocotteは、その名の通りに可愛らしい表情をしています。

丸い耳に大きな目、ちょこんととがった鼻に微笑んだ口…すべて可愛いにこだわって作られているので見ているだけでも癒されるベアです。

Cocotte

色はホワイトとブラウンの2色から選ぶことができます。

カールしたふわふわの毛並みで手触りも抱き心地も抜群です。

Cocotte

ずっしりとした重みを腕に感じることで、両親は出産して初めて我が子を抱いた時のことを思い出すことができるでしょう。

足裏にはオプションで名前・生年月日・身長・体重。メッセージを入れることも可能です。

ぜひ世界に一つのとびきり可愛い体重ベアを用意してみてください。

テディベアタイムで「Cocotte」を見る

②売上№1!Carina(カリーナ)

Carina

Carinaは、テディベアタイムで一番売れている体重ベアです。

人気の理由は、高品質でありながら低価格であることでしょう。

生地の製造から縫製まで国内ですべておこなっている純国産の体重ベアで安心です。

色・表情・手触りにこだわって作られています。

Carina

色はホワイトとモカピンクの2色です。

角度によって表情が変わったり、しっぽがぴょこんとついていたり…見ているだけで心が温かくなります。

Carina

オプションの足裏刺繍は、名前・マークに定型メッセージから両親への言葉を選ぶことができます。

感謝の気持ちしっかりと体重ベアに込めることができるので、結婚式の贈呈品としておすすめです。

テディベアタイムで「Carina」を見る

③結婚式にピッタリ!キャメリーマリアージュ

キャメリーマリアージュ

キラキラとした瞳とにっこり微笑んだ表情が魅力の体重ベアです。

高級素材アクリル100%なので、思わず頬ずりしたくなるような気持ち良さがあります。

現在はハッピーウエディングキャンペーンとして、2体セットで5,500円もお得に購入可能です。

男の子と女の子の2体セットになっており、男の子には蝶ネクタイ・女の子にはベールがついています。

ウェルカムベアとして受付に飾っておき、最後に両親への記念品として贈呈するのも良いでしょう。

キャメリーマリアージュ

足裏刺繍も可能で、上記のように出生時のデータが入ります。

記念日は結婚式の日にしておくと、この先の思い出に残るようになるでしょう。

テディベアタイムで「キャメリーマリアージュ」を見る

④しっかり感謝が伝わる!カントリークラシックベア(名詩タイプ)

カントリークラシックベア(名詩タイプ)

カントリークラシックベアは、生まれた時の体重を再現して作られた体重ベアです。

名前を織り込んだポエムもセットになっているので、ダブルで感謝と感動を与えることができます。

お父さんにポエム、お母さんに体重ベアとそれぞれ贈呈を分けておこなうことも可能です。

カラーはゴールドベージュとスノーホワイトから選択できて、どちらもクラシカルな雰囲気のお洒落なベアとなっています。

カントリークラシックベア(名詩タイプ)

足裏刺繍には、出生月日と時刻まで入れることができます。

またモチーフやイニシャルも入るので、両親との思い出や絆にもなるでしょう。

テディベアタイムで「カントリークラシックベア(名詩タイプ)」を見る

⑤生まれた時の感動を!ベビーウェイトベア

ベビーウェイトベア

ベビーウェイトベアは、まるで赤ちゃんのような優しく可愛い体重ベアです。

ベアはロンパースを着ているので、赤ちゃんの頃のことを懐かしく思い出すでしょう。

ベビーウェイトベア

また母子手帳ケースもセットになっているので、昔の母子手帳やへその緒などを入れておいてもらうことも可能です。

ロンパースも母子手帳ケースもオーガニックコットンを使用してシンプルに作られています。

カラーは、クリームイエローとベビーピンクでどちらも上品で柔らかい雰囲気です。

ベビーウェイトベア

足裏には刺繍が可能で名前や体重が入ります。

世界に一つだけの可愛いベビーウェイトベアを贈ってみてくださいね。

テディベアタイムで「ベビーウェイトベア」を見る

まとめ

まとめ

結婚式での両親への記念品贈呈は、これまで儀式の一つのように考えられていました。

そのため見栄えの良い花束が記念品贈呈の定番となっていたのです。

しかし近年では、「両親へ感謝の気持ちを伝えること」「記念に残るものを贈ること」が主流となっています。

ずっと両親の近くで見守るように存在してくれる体重ベアは、生み育ててくれたことへの感謝を末永く伝えることができるものです。

出生体重を両親の手に贈ることで、小さかった我が子の成長を改めて実感できます。

結婚式は新郎新婦にとっても、両親にとっても、人生の門出となる日でしょう。

「あまり記念品贈呈にこだわりがない」という人も、今一度両親への感謝をしっかりとギフトに込めて伝えてみてください。

両親への贈り物におすすめのウェイトドール!人気8選

結婚式のクライマックスで、「どのように両親へ感謝の気持ちを伝えれば良いのか…」と悩む人は多いですよね。

ひと昔前までは【手紙+花束】が定番でしたが、最近では【手紙+ウェイトドール】に変化してきています。

ウェイトドールは、これまで育ててくれた感謝の気持ちを込めることができ、さらに両親の手元に長く置いておけることで人気です。

そこで今回は、両親への贈り物におすすめのウェイトドールを紹介します。

ウェイトドールにも多種多様なものがあるので、ぜひお気に入りのものを選んでくださいね。

ウェイトドールとは?

ウェイトドールとは、出生時の体重に調整されて作られたぬいぐるみのことです。

クマで作られたものを体重ベアと呼びますが、それ以外の動物やキャラクターなども含めてウェイトドールと総称されています。

ベアという単語の意味には、「生む」という意味もあり「母性」「両親の愛」などの意味も込められているものです。

またドールの足裏には、名前や生年月日なども刺繍で入るようになっています。

このようにオリジナルで自分だけのぬいぐるみを作成できることから、世界で一つの特別な記念品として人気があるのです。

両親への贈り物にウェイトドールがおすすめな理由とは?

ウェイトドールは、贈る方も贈られる方も感動できるものです。

両親への贈り物として、ウェイトドールがおすすめである理由を紹介します。

両親が感動する理由

生まれた時と同じ重さのぬいぐるみ。

この重みは、両親にとっては初めて我が子を抱いた時の感動を思い出すことができます。

とても繊細で柔らかく、そして愛おしい…大切な宝物を手にした時の重みです。

そんな感動を再び手にすることができることで、両親に贈るととても喜ばれます。

もちろん花束も嬉しいですが、どうしても時間の経過とともに枯れてしまうものです。

その点でウェイトドールは、ずっと手元に置いておけるものということもあるので贈られる方にとっても喜ばれます。

子どもが感動する理由

子どもは両親へ贈る側となりますが、実は贈る側にも意味があるのがウェイトドールです。

  • これまで育ててくれてありがとう
  • 大切に育ててくれて大きく成長しました
  • 家を出るけれどずっと家族だよ

そんな気持ちをウェイトドールに込めて贈ることができます。

またウェイトドールを贈る時、自分の生まれた体重の重みを感じることができるでしょう。

  • こんな大きさなのにお腹の中にいたんだ
  • こんな重みがあるけれど毎日抱いてくれたんだ
  • こんな重さから今の自分まで育ててくれたんだ

ウェイトドールを手にするだけで、自然と両親への感謝の気持ちを感じられます。

ウェイトドールを両親に贈るタイミングとは?

両親にウェイトドールを贈るのはどんな時なのでしょうか。

これまでは結婚式の記念品贈呈の場面で見かけることが多かったですが、最近は異なる贈り方も増えてきているので紹介します。

結婚式

まずは定番の結婚式です。

結婚式のプログラムの中には、最後のセレモニーに両親への感謝を伝える場面があります。

  1. 花嫁の手紙
  2. 両親への記念品贈呈
  3. 謝辞
  4. 退場

退場までのクライマックスとして、結婚式では欠かすことのできないシーンです。

この記念品贈呈では、これまで花束が用いられることがほとんどでした。

それが最近では、ウェイトドールが定番の記念品として変化しています。

新郎新婦が可愛らしいドールを手に抱いて両親の元へと歩いていき、そして自分の生まれた体重のドールを贈るのです。

ずっしり重く、そして懐かしい…。

結婚する息子・娘を目の前にして、その我が子が生まれた時の重みを感じます。

親にとって子どもが生まれた時の喜びや感動と同じくらいに、結婚する子どもを祝福できる喜びや感動があるでしょう。

さまざまな記憶や感情がめぐる時間となり、両親はもちろんですが新郎新婦も周囲の列席の人にとっても感動のシーンとなるのです。

成人式

成人式は大人になることを祝福するための儀式です。

基本的には成人になる本人を祝福するものですが、成人まで育ててくれたことへの感謝を伝える日でもあります。

そこで両親へ感謝の気持ちを伝えるために、ウェイトドールを贈る人が増えているのです。

  • こんなに大きくなりました
  • 成人まで育ててくれてありがとう
  • お父さんお母さんがいたから幸せに生きてこれました

ウェイトドールには、このような気持ちを込めることができます。

出生体重で作られたドールを抱いた時、目の前にいる成人になった息子・娘の成長を改めて実感できるでしょう。

初めての一人暮らし

成人式でなくても、両親のもとを離れる時にこれまでの感謝の気持ちを形にして贈ることもあります。

これには2つの意味があり、どちらも両親にとって嬉しいものです。

1つは、これまで何不自由なく育ててくれたことへの感謝の気持ち。

一人暮らしをするまでには、両親と喧嘩をしたり、反抗期があったり…いろいろなことがあったでしょう。

それでも無償の愛で育ててくれた両親には、独り立ちする時こそ感謝するべきです。

もう1つは、両親の寂しさを少しでも埋められるようにウェイトドールを贈ります。

両親にとって、子どもが独り立ちすることは大変誇らしく嬉しいことです。

しかし同じくらいに寂しさや心配も大きく、複雑な感情を抱いています。

そこでウェイトドールを手元に置いてもらうことで、物理的には離れてしまうけれど気持ちは近くにいるように感じることができます。

そんな慰めの意味も込めて、一人暮らしをする時に両親に贈る人が多いのです。

孫ができた

ウェイトドールは、出産時に両親に贈ると喜ばれます。

孫ができると、両親は“おじいちゃん”と“おばあちゃん”になるわけです。

自分の子どもが自分と同じように親になった記念として、孫のウェイトドールを贈ります。

また、逆バーションとして、とくに遠方でなかなか会えない両親であれば、祖父母になったことが実感できないこともあるでしょう。

そんな両親に孫ができた記念と記憶の意味を込めて、ウェイトドールを贈ってみてはいかがでしょうか。

実際の重さの孫のドールを抱っこできるということで喜んでいただけると思います。

両親への贈り物におすすめのウェイトドール8選

ウェイトドールは、定番であり人気のある贈り物です。

そのため最近では、その種類も多種多様に変化してきています。

自分らしさや両親の好みなども考慮して、ウェイトドールを選んでみてくださね。

①大人気!キュートすぎるCocotte(ココット)

ロングセラーで誰からも愛される可愛さ満点のCocotteです。

もともとウェイトドールは、ベア(クマ)の人気が高く「両親の愛」という意味も込められています。

両親に贈る時にピッタリのベアのウェイトドールは、年齢性別問わずに大人気です。

Cocotteには「可愛い」という意味があり、とにかく可愛さにこだわって作られています

全体的に丸いフォルムが愛らしさを引き出しており、目も耳も大きくて丸くて癒される雰囲気があるベアです。

赤ちゃんのような「ぼっちゃり感」があるのも特徴でしょう。

Cocotteはホワイトとブラウンの2種類があり、リボンは8種類から選ぶことができます。

有名式場でも取り扱いがあり、多くの人から選ばれているウェイトドールです。

オプションとして、3,300円で足裏に刺繍を入れることが可能です。

  • 左足:名前(ローマ字・漢字・ひらがな・カタカナ)・生年月日・時間・身長・体重
  • 右足:フリーワード

フリーワードでは、【これまで育ててくれてありがとう】などといったメッセージを入れることができます。

オリジナルメッセージで、世界に一つのウェイトドールを両親に贈ってくださいね。

テディベアタイムで「Cocotte」を見る

②一番人気!Carina(カリーナ)

テディベアタイムのオリジナル体重ベアとして一番売れているCarinaです。

安心安全の純国産体重ベアという高品質でありながら、お求めやすい価格で販売しています。

可愛さだけでなく高品質であることを追求しているので、生地製造から縫製まで国内でおこなっているというこだわりです。

そのため触り心地はフワフワ&モコモコで、長く愛用しても風合いが変わりません。

色や表情にもこだわっており、優しく癒される見た目です。

色はホワイトとモカピンクの2色から選ぶことができて、どちらもツヤツヤとした毛並みになっています。

リボンは5色から選ぶことができるので、両親な好きな色をセレクトしてみましょう。

オプションで足裏刺繍が可能で、両親へのメッセージも定型文から選ぶことができます。

  1. 今までありがとう これからもよろしくね
  2. 育ててくれてありがとう
  3. ありがとう 感謝しています
  4. いつもありがとう ずっと元気でいてね
  5. たくさんの愛情ありがとう

テディベアタイムで「Carina」を見る

③キャメリー リボン

キラキラとした丸い瞳に、優しく微笑む愛らしい表情。

高級素材アクリル100%で上質な触り心地が特徴な体重ベアがキャメリーリボンです。

思わず頬ずりしたくなるようなベアでしょう。

リボンは5種類から選ぶことができて、ドット・チェックやレースなども用意があります。

足裏刺繍はA・B・Cの3パターンです。

刺繍カラーやモチーフを選ぶこともできるので、オリジナルの体重ベアを作ってみてくださいね。

テディベアタイムで「キャメリーリボン」を見る

④身長体重に対応!TW(トール&ウェイト)

TWは、出生時の身長と体重を忠実に再現したベアです。

体重ベアは定番となっていますが、身長まで正確に作られています。

両親にとっては、そっくりそのまま生まれた時の我が子を腕に抱いた時の感覚を思い出すことができるでしょう。

産婦人科で使用されている乳児用身長計で正確に身長を測定します。

体重も電子天秤で1g単位まで忠実に再現。

小さく生まれた赤ちゃんも…大きく生まれた赤ちゃんも…世界に一つのオリジナルベアが完成します。

ベアの色はアンバー・リッチベージュ・きなりの3色で、リボンも3色から選ぶことができます。

オプションで足裏に刺繍が入るので、両親への感謝を込めてメッセージを入れてください。

テディベアタイムで「TW」を見る

⑤まるでアンティーク!カントリークラシックベア

上質でアンティークのような見た目が特徴のカントリークラシックベアです。

生まれた時の体重で作られたクラシカルな雰囲気のベアは、大きくて丸い目とにっこり笑ったような口元が特徴。

ウェーブがかかったようなモヘア風の毛並みも他のベアとは異なる雰囲気です。

アンティークベアは、自宅にあるだけで懐かしさを感じられるでしょう。

カラーはゴールドベージュとスノーホワイトの2色です。

リボンもレースがついたお洒落で可愛いラインナップからセレクトできます。

足裏はフェルト生地で作られており、色を変えて刺繍を入れることができます。

ベアの雰囲気に合わせて筆記体でイニシャルを刺繍することも可能です。

メッセージは1行9文字までで3行まで入れられるので、両親への感謝の気持ちをオリジナル文で表現してみてください。

テディベアタイムで「カントリークラシックベア」見る

⑥マカロンベア 花束タイプ

マカロンベア花束タイプは、可愛くて大人気のマカロンベアが花束を持ったバージョンです。

両親への感謝の気持ちとして花束を贈ることが多いですが、それを体重ベアとセットにできることで人気があります。

花束は本物のようなアーティフィシャルフラワーなので、綺麗でありながら枯れる心配がありません。

ベアはカフェブラウンとバニラクリームの2色から選ぶことができます。

オプションで足裏にはバースデーデータやモチーフなどを組み合わせて入れることができるので、オリジナルの素敵な贈り物ができるでしょう。

テディベアタイムで「マカロンベア花束タイプ」を見る

⑦ディズニーウェイトドール

大好きなディズニーのキャラクターを贈りたい人には、ディズニーウェイトドールがおすすめです。

世界中でも大人気のミッキーマウスが、フォーマルなタキシードを着ています。

体重ベアに合わせてベビーミッキーで作られており、その可愛らしさと正装しているバランスが特徴です。

ミニーちゃんはピンクのドレスを着ているベビーミニーです。

お洒落で可愛いので、結婚式の贈呈品としてミッキー&ミニーを用意する人が多くいます。

足裏刺繍もできるので、名前やバースデーデータを入れて両親に贈りましょう。

 

贈呈用途が結婚式でない場合は、スタイ姿が可愛いベビーミッキー&ミニーがおすすめです。

丸くてコロンとしたフォルムが可愛らしく、スタイ姿に生まれた時のことまで思い出されるでしょう。

テディベアタイムで「ディズニーウェイトドール」を見る

⑧スヌーピーウェイトドール

世界中で愛され続けているスヌーピーは、両親世代でも好きという人が多いのではないでしょうか。

キャラクタードールですが、真っ白で可愛らしいので部屋にも馴染みやすいです。

スヌーピーのウェイトドールには、ベーシック・フォーマル・マイコスチュームの3種類から選ぶことができます。

どのスヌーピーも1g単位で出生体重に調整されているので、両親も愛おしさが倍増するでしょう。

オプションではウッドストックを付けることができて、より可愛らしく華やかなドールを贈ることも可能です。

足裏の刺繍は青と赤からセレクトできて、5パターンからの選択ができます。

選択肢が多いことで、世界で一つのオリジナルスヌーピーが完成するのです。

テディベアタイムで「スヌーピーウェイトドール」を見る

まとめ

両親への贈り物として、ウェイトドールは大変人気です。

結婚式や成人式などの人生の節目に、産み育ててくれた感謝の気持ちを込めてオリジナルのウェイトドールを贈ってみましょう。

ウェイトドールには、多数の種類があります。

アンティーク風のものや品質にこだわったもの、またキャラクターも多いです。

またオプションでバースデーデータやメッセージを入れることができます。

両親がいつでも喜びや感動を思い出せるように、素敵なウェイトドールを贈ってくださいね。

体重ベアとは?どんなに時に贈ると喜ばれるものか紹介!

とても愛らしい表情で座っているベアのぬいぐるみ。

結婚式に参列した時に目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

これは「体重ベア」もしくは「ウェイトドール」と呼ばれる特別なぬいぐるみです。

ただ可愛いだけではない特別なベアは、さまざまな場面でギフトとして選ばれることが増えています。

そこで今回は、体重ベアがどんな時に贈られているのか紹介します。

両親にも…お子様にも…大切な友人にも…どんな人にも喜ばれるギフトなので、ぜひ参考にしてくださいね。

体重ベアとは?

体重ベアとは、出生時の体重と同じ重さに調整したベアのぬいぐるみのことです。

体重ベアまたはウェイトドールと呼ばれています。

自分を産み育ててくれた両親への感謝のギフトとして、結婚式の【両親への花束贈呈】の演出で体重ベアを贈る人が多いです。

また独り立ちする子どもや両親から子どもへのお祝いなど、さまざまな用途で贈られるようになってきました。

ベアとはクマを指しますが、他にも「産む」「出産する」「結ぶ」といった意味もある単語です。

そのため多くは体重ベアとして、クマのぬいぐるみが用いられています。

クマ以外の動物やキャラクターで作られたものは、総称してウェイトドールと呼ばれており、それぞれ個性が出せることでも人気です。

体重ベアは人気がある?その理由とは?

体重ベアは、大切な人への贈り物として人気です。

結婚式の両親への贈呈品では、花束と同じくらい定番になりつつあります。

さらに出産や入園・入学や成人式など、人生の節目に贈るものとしても選ばれるようになりました。

それは愛らしい見た目であるだけではなく、出生体重に調整されているためです。

両親は、自分の息子・娘から体重ベアを受け取ることで「生まれた時は、こんなにも小さかったのか」と改めて我が子の成長を実感することができます。

また生まれた時の重みを感じることで、初めて我が子を抱いた時の感情を思い出すことができるでしょう。

ある意味で「子育ての証」のような役目になっているのです。

また出産祝いとしても、生まれた時の重みや感動を忘れないように記録や記憶に残るギフトになります。

自宅に置いておくと可愛いだけでなく、さまざまな感情を大切にしまっておけるギフトだからこそ人気があるのです。

体重ベアはどんな時に贈ると喜ばれる?

体重ベアは、誰から誰に贈っても喜ばれるギフトです。

  • 自分の人生の節目に、両親へ
  • 子どもの独り立ちの記念に、息子・娘へ
  • 新しい命を誕生させた、大好きな友達へ
  • 記録や記憶を大切にしたい、自分自身へ

ここからは体重ベアが大活躍するシーンを紹介します。

結婚式での両親への記念品

結婚式のプログラム終盤には、両親への感謝を伝える場面が組み込まれています。

  1. 花嫁からの手紙
  2. 両親への記念品贈呈
  3. 謝辞
  4. 退場

結婚式は両親への感謝を伝えるためのものでもあるので、普段言葉にできない感謝の気持ちをしっかりと伝えることが大切です。

ひと昔前までは、両親への記念品贈呈は大きな花束を贈るのが一般的でした。

しかし残念ながら花束は永遠に残るものではありません。

そのため最近では、記念品として両親にギフトを贈る新郎新婦が増えています。

その中でも人気があるのが体重ベアです。

生まれた時の体重のベアを息子・娘から、両親の手へ渡します。

  • 初めて抱いた時の感動
  • これまで一緒に過ごした日々
  • これから新しい家庭を持つ我が子への思い

両親はさまざまな感情を巡らせて、その重みに感動することでしょう。

体重ベアはずっと手元に置いておけるものなので、両親にとって記憶と記憶にもなるのです。

成人式に両親への感謝を伝える

成人式とは、大人になったことを祝福するために設けられたものです。

また両親に育ててくれたことへの感謝を伝える日でもあります。

そこで最近では、成人式に両親へのサプライズとして体重ベアを贈る人が増えているのです。

  • こんなに大きくなりました
  • ここまで育ててくれてありがとう

そんな気持ちを込めて、両親へ贈ると喜ばれるでしょう。

さらに成人の記念として、自分で体重ベアを手にしてSNSに投稿する人もいます。

【♯こんなに大きくなりました】と体重ベアとともに写真をアップするのもおすすめです。

家族や友人への出産祝い

家族や友人など大切な人の出産祝いとして贈るのもおすすめです。

体重ベアは、出生体重に調整されているので世界で一つの特別なベアとなります。

これから赤ちゃんの成長を一緒に見守ってくれる存在となる体重ベアは、出産祝いにピッタリです。

また自身の出産記念として、オーダーメイドで作成する人もいます。

これからも出産の感動や尊さを忘れないように、手元に体重ベアを置いておくのも素敵ですね。

出産祝いに贈る時は、小さなお子様がいる家庭なので安心安全な日本製が良いでしょう。

国産の体重ベアを出産祝いに贈ってみてはいかがでしょうか。

新郎新婦への結婚祝い

新郎新婦への結婚祝いとして、体重ベアを贈るのも喜ばれます。

結婚式を挙げる新郎新婦であれば、ゲストをお迎えするウェルカムベアとして受付に飾ることも可能です。

名前入りの体重ベアであれば、新郎新婦の紹介にもなります。

また愛らしいベアが受付やウェルカムルームにいるだけで、会場が華やかになるでしょう。

新郎新婦が自身で購入してウェルカムベアとして使って、そのまま両親へ贈呈することもあります。

子どもへの入園・入学祝い

体重ベアは、子どもから両親へ贈ることが多いです。

しかし両親から子どもに贈ることで、成長のお祝いをすることもできます。

成長の節目となるような入園・入学や就職・成人などの記念として、出生体重に調整した体重ベアをプレゼントするのです。

  • ここまで成長してくれてありがとう
  • こんなに大きくなって嬉しい
  • これからも健康に過ごしてほしい

そんな親心を感じてもらうことができるでしょう。

おすすめの体重ベア5選!

ここからは実際に体重ベアを贈る時におすすめの商品を紹介します。

どれも愛らしく、また世界に一つのオリジナルベアです。

贈る相手や用途に合わせて、素敵な体重ベアを選んでみてくださいね。

①安心の日本製!Cocotteキュートな体重ベア

とてもキュートなデザインで安心の日本製!体重ベアを贈るならCocotteがおすすめです。

【Cocotte】はフランス語で【可愛い子】という意味があります。

丸い耳と大きな目が特徴で、とにかく可愛さを追求して作られた体重ベアです。

その可愛さから有名式場でも取り扱いをしており、贈り物として多くの人に選ばれています。

日本製なので、小さなお子様が抱きしめても安心です。

Cocotteは、ブラウンとホワイトの2色展開。

さらにリボンカラーは、ブラウン・エンジ・ブルー・ホワイト・チェックブラウン・チェックレッド・チェックブルーの7色から選ぶことができます。

★オプション1

さらにCocotteは、両足にオリジナル刺繍をすることが可能です。

  • 左足:名前・生年月日・時間・身長・体重
  • 右足:フリーワードメッセージ

名前だけを大きく刺繍することもできるので、出産祝い・出産記念であれCarinaやお披露目としても活躍します。

  • お父さんお母さん今までありがとう
  • 生まれてきてくれてありがとう
  • 大好きだよ
  • 大きくなぁれ

フリーワードメッセージは、横10文字で縦4列まで可能です。

★オプション2

結婚式のウェルカムベアとして使いたい人には、ブライダルアクセサリーを付けることもできます。

ネクタイやティアラなどをセットすることで、一気に結婚式仕様のお洒落なベアに変身。

結婚式場の受付やウェルカムルームに飾っておくことで、とても素敵な演出となるでしょう。

テディベアタイムで「Cocotte」を見る

②他では買えない!Carinaのオリジナル体重ベア

テディベアタイムのオリジナル体重ベアであるCarinaは、一番売れている純国産の体重ベアです。

品質にこだわって誕生した体重ベアで、生地製造から縫製まですべての工程を国内でおこなっています。

国産のボア生地は、柔らかくフワフワとした手触りが特徴です。

また長く愛用しても変わらないので、ずっと可愛がってもらうことができるでしょう。

Carinaのチャームポイントは?

  • ツヤツヤした見た目とフワフワした触り心地の毛並み
  • 角度によって異なる表情
  • 立体的で愛らしい顔
  • 2トーン使用したこだわりの耳
  • ぴょこんと付いたしっぽ

Carinaはホワイトとモカピンクの2色展開で、どちらも優しい色味が特徴です。

リボンは、ブルー・ピンク・レッド・ブラウン・イエローの5色から選べます。

★オプション1

Carinaの体重ベアは足裏に刺繍を入れることができます。

  • 右足:定型メッセージ・マーク・名前
  • 左足:生年月日・出生時間・身長・体重

刺繍の色は、ピンク・ライトブルー・ブラウン・ゴールドの4色です。

★オプション2

結婚式で使いたい人は、オプションでウェディングタイプに変更することが可能です。

新郎には蝶ネクタイが付き、新婦にはティアラとネックレスが付きます。

会場を華やかに演出したい人は、ウェディングセットで体重ベアを変身させてあげると良いでしょう。

テディベアタイムで「Carina」を見る

③コロンとしたフォルムに癒される!CORONの体重ベア

高品質でありながら低価格で購入できることが魅力のCORONです。

名前のCORON(コロン)通り、見た目がコロンとしているので癒されます。

国産製造にこだわって作られているので、小さなお子様が抱いても安心安全です。

ベア本体は、ホワイトとブラウンの2色展開となっています。

リボンカラーは、ブルー・ピンク・レッド・ブラウン・イエローから選択可能です。

手と足の裏はフェルト生地になっているので、ほっこりとした温かみを感じられるでしょう。

CORONのチャームポイント

CORONは通常の体重ベアよりも丸みが強調されています。

赤ちゃんのような“ぷっくり感”や“ぽってり感”があるので、親しみやすく愛らしい姿です。

また表情にもこだわりがある少し笑っているように感じられます。

触り心地も良いので、思わずギュっと抱きしめたくなるような体重ベアです。

★オプション1

オプションとして足裏のフェルト部分に刺繍を入れることができます。

相手やシーンに合わせて、記録や記憶に残る文字を入れてください。

  • 右足:定型文・マーク・名前
  • 左足:生年月日・出生時間・体重・身長

命名風にしたり、新元号の記録にしたりとアレンジもできます。

刺繍の色も選べるので、オリジナルの刺繍を作り上げてください。

★オプション2

ウエディングオプションを付ければ、CORONを新郎新婦に変身させることができます。

蝶ネクタイやティアラなどを付けるだけで、可愛いCORONがお洒落に!

結婚式の演出や飾りで使いたい人や結婚祝いに贈り物として検討している人は、ぜひウェディングオプションを付けてくださいね。

④スイーツのように可愛い!マカロンベア

出生体重を1g単位で再現してくれる可愛いマカロンベアです。

マカロンのように誰からも愛される甘くキュートな体重ベアとなっています。

カラーは、カフェブラウンとバニラクリームの2色です。

リボンは、ブラウン・ホワイトレース・ブルー・ピンク・タータンチェックの5種類。

さらに刺繍の色は4種類なので、組み合わせは40通りにもなります。

どれも可愛らしい柄でデザイン性も高いので、他のベアと差をつけることができるでしょう。

アイラブママという雑誌にも掲載されたことがあり、赤ちゃんに贈るメモリアルグッズとしても人気があります。

チャームポイント

マカロンベアのチャームポイントは、大きくて丸い目。

そして優しく微笑んでいる表情です。

カラーも優しさと温かみのある色なので、近くにいてくれるだけで安心できるような体重ベアとなっています。

★オプション

マカロンベアは、足裏に刺繍を入れることができます。

  • 右足:モチーフ・イニシャル・記念日
  • 左足:名前・生年月日・身長・体重

刺繍パターンは3種類、刺繍カラーは4種類の中から選んで、オリジナルの刺繍を刻むことができるのです。

⑤上質なアンティーク!カントリークラシックベア

上質なアンティークのようなカントリークラシックベア

ちょっとレトロな雰囲気があるので、懐かしさや温かさを感じることができます。

ウェーブかかったモヘア風の毛並み、そして丸い目と優しい笑顔が特徴です。

上品な雰囲気を感じられる体重ベアなので、両親や祖父母への感謝を伝えるベアとしてもおすすめでしょう。

カラーは、ゴールドベージュとスノーホワイトの2色です。

リボンは、レース・レースブラウン・レースピンクとこだわりのあるものから選べます。

★オプション

足裏にはオリジナルの刺繍を入れることができます。

色の異なるフェルトで目立つように刺繍を入れることができるので、メモリアルベアとしてもしっかり役割を果たしてくれるでしょう。

エンブレムのように筆記体でイニシャルを入れることができるので、アンティークなベアの雰囲気にもピッタリです。

まとめ

大切な人への贈り物として人気のある体重ベア。

両親への贈り物として結婚式の演出として使う人が多いですが、最近では成人式や入園・入学の節目にも用意されることが増えています。

出生体重に調整されているので、初めて抱いた時の重みや感動を思い出すことができるのが特徴です。

また手元に置いておくことで、人生の大切な記憶や記録にもなるでしょう。

ぜひ自分好みの体重ベアでオリジナルなギフトを贈ってみてくださいね。

営業時間お電話でのご注文も大歓迎!
閉じる